お腹にいいお茶、種類で選ぶのも有り

便秘茶といえばセンナを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、今はちょっと横にどけておきましょう。おおまかにわけると、漢方などに近い原料を使用しているもの。ハーブやルイボスティーなどといった植物を使用しているもの。日本茶や、緑茶、中国茶などを利用している便秘茶があります。プーアール茶などは三つ目にあてはまりますね。ハーブやルイボスティータイプのものは、日常的に飲まれることの多い便秘茶でもあります。女性向けの雑誌であったり、ダイエット関係で目にするのはこちらです。逆に健康食品として目にすることが多いのは、緑茶や中国茶タイプ。基本的にどのタイプのお茶でも、ノンカフェインであることが多いです。

よりお腹に優しく、ゆったりとした効果を求めるならハーブ系。食事のお供に、間食などのときに一緒に繊維やエキスを摂取したいなら、中国茶などのタイプがおすすめです。最近では黒豆茶なども便秘茶として人気がよくでています。豆に含まれるポリフェノールやアントシアニンが腸にダイレクトに効くからです。比較的安価で手に入りやすいので、気軽に飲みやすいのも便利ですよね。お茶をちまちま飲むくらいなら薬を頼るという人もいます。でもどちらがいいか、ちょっと考えてみましょう。

Copyright© 便秘なら茶の効能について忘れずに All Rights Reserved.