効きすぎよりほどよく自然な方がいい

便秘の人の悩みにありがちなのが、便秘解消グッズに依存してしまうことです。お茶であれ下剤であれ、度がすぎるとよろしくありません。それでも体のことを考えると、下剤よりも便秘茶を利用するほうがいいんです。さきほどセンナ茶がでてきましたが、ちょっと別にわけましたよね。実はご存知かもしれませんが、センナ茶に含まれる成分というのは……下剤に使用されているものがあるんです。お通じがよくなるからといって飲み続けていると、頼りっぱなしになってしまう可能性があります。実際、センナを飲まないとでなくなってしまった、というお話もよくみかけます。

一般の便秘茶には、自然の植物を利用しているのは同じでも、依存性のある成分は含まれていません。そのため、飲みすぎてお腹に効きすぎることをのぞけば、これといって悪い影響はないんですよ。緩やかに効くもの、一気にくるものと違いはあれど、体に負担をかけるものは少ないです。だから便秘茶といえば、今ではセンナ以外のものをおすすめすることがほとんどなんです。飲めば問答無用で下してしまうものより、自分で調整できる方が安全ですよね。今はネット通販などで人気の商品がすぐわかるようになっています。さらにショップを利用すれば、かなりお得なお値段でまとめ買いすることもできるようになりました。

Copyright© 便秘なら茶の効能について忘れずに All Rights Reserved.