飲み方次第で良くも悪くも変化

お気に入りの便秘茶を見つけたら、まずお茶が入っているパックや箱などをよくみてみましょう。たいていは飲み方や作り方などオススメのやりかたがのっていますから。お茶なんだから、適当に飲んでも大丈夫という人もたまにいます。でも実際、テキトーに構わず飲んでしまうと、うまく実感できなかったりするのでもったいないですよ。
食前食後どちらに飲むかというのもありますが、効果の緩やかなものなら食前でも大丈夫です。しかしどちらかといえば、食後、少し時間を置いてから飲むほうがお腹や胃には優しいですよ。お茶のタイプによって、ホットかアイスかでも悩みますよね。ハーブやルイボスなどのタイプはアイスでもホットでも。中国茶や緑茶などはホットの方が飲みやすいです。お茶によって、温度で風味や味に差がでるので、一度両方試しておくと決めやすいです。

どんな便秘茶を利用していても、一番気をつけるべきは飲みすぎることです。一日多くても、二杯から三杯程度にしておきましょう。飲む間隔も、数時間程度空けるようにしましょう。まず最初は一日に一杯だけ。お腹の様子を見てから、別に日に二杯にしてみる。効果が表れたら、飲んでから何時間くらい経ったかメモしておくのもいいですよ。長く飲み続けていくためにも、コストパフォーマンスはとても大事です。気に入ったのがなければ、自分で作ってしまうこともできる便秘茶もあります。

Copyright© 便秘なら茶の効能について忘れずに All Rights Reserved.