自作便秘茶でコスパ削減

様々な商品が販売されている便秘茶ですが、長い間飲む事を考えると、お値段が気になってきます。お気に入りの商品があれば、飲むのは楽しいですが、費用も増えてしまいます。まず便秘だけを治したいのなら、自分で便秘茶を作ってしまった方が向いているかもしれません。手軽に作れるのはごぼう茶と、とうもろこしひげ茶です。ごぼうはできれば国産のものがいいですよ。八百屋などにいけば、かなりお得な値段で買うことができます。毎日定期的に飲むと、一週間でごぼう二本分くらいを使うことになります。買ったときにまとめて作っておくと後が楽です。

作り方も簡単で、皮をむかずに表面の泥だけキレイに洗い落とします。次に皮むき器などでそいでから、半日くらい天日干しをします。しっかりと水分を飛ばしておくこと。干し終えたものをフライパンで、だいたい10分を目安に炒っていきます。後は飲みたいときに、急須にひとつまみ程度いれてお湯を注ぐだけです。最初は面倒かもしれませんが、慣れると作業自体が楽しくなった方もちらほら。とうもろこしのひげ茶も、やり方は似ています。
手に入れたひげを洗って天日でしっかり干したら、やかんなどに入れて水と一緒に煮出します。スーパーではひげつきがないかもしれませんが、これも八百屋などにいくとゲットできますよ。
まず自作してから、市販品に挑戦するのもいいですよ。

Copyright© 便秘なら茶の効能について忘れずに All Rights Reserved.